リーダーシップの方向性を正しいものに

リーダーシップの方向性を正しいものに

チーム医療の価値が大きくなっている近年、求められるのは『リーダーシップ』

チーム医療の重要性が増してきています。
以前からこの概念はありましたし、熱心に取り組んでいた医療施設も少なくはありません。

しかし、近年は医療や医学の進歩は目まぐるしく、昔のように医師の知識と技術に頼るのみでは、多くの患者さんに対応することが難しくなってきています。
これからさらに高齢化社会が進行すれば、それぞれの役割を的確にこなしながらも、且つ効率のいい診療が行えるようなチーム医療の価値が大きくなっていくことでしょう。

医師が転職するときには、この点に着目しながら対策を練るなり応募先を選択するなりしなければいけません。
チーム医療に重点を置いている医療施設を避けるという意味ではなく、自らがそれに携わるだけの技量と実績を有していることを示さなければ、キャリアアップを伴った転職は実現しないということ。

特に求められるのは、リーダーシップです。医師も突出した技術だけでは認められなくなってきています。
どれだけ指導力を持っているか、これが求められる時代に突入していると言えるでしょう。

求められるリーダーシップとは、チームをまとめる能力、その場に応じた判断ができる能力、信頼関係を築くことができる能力などです。

チーム医療は、医師を中心に看護師や薬剤師、患者さんによっては管理栄養士や救急救命士、理学療法士などさまざまな職種の人間が携わります。
そこに患者さん自身やその家族などが携わりながら診療を進めていくという考え方もあるため、医師が指導者となり、そうした人たちをまとめていかなければいけません。

メンバーの意見を聞き入れチームをまとめる能力が必要

相手にするのは人の身体と心です。
どちらも単純な作りにはなっていないため、何か問題が生じた時や予期しない出来事が起こった時などは、医師が中心となり即座に判断を下す必要が出てきます。

場合によっては他のメンバーから意見や異論が出てくることもあるでしょう。
そうした意見を聞き入れながらも、最終的に決断するのは指導者である医師。

チームをまとめる能力に欠けていれば、異論が出た時点でバラバラになってしまい、その影響を最も受けるのは何よりも患者さんやその家族。
それだけは避けなければいけません。

小さな診療所などでも、このリーダーシップはとても重要な要素。
特に必要なのが信頼関係です。
小さな組織では大きな組織と比べて、誰かの抱いた不満が治療方針や運営、あるいは経営にも影響しやすいのです。

物事を正しい方向へ導く能力、それが医師に求められるリーダーシップ。
手術などは得意だけれども、このリーダーシップを発揮するのが苦手だという人もいます。
しかし、それでは転職してもキャリアを築き上げていくことは難しいですし、今後重要性を増すチーム医療で医師としての能力を発揮することもできないでしょう。

  • 1