雇われから脱出するための必須スキルとは

いつか独立開業をしたいと考える医師に必要な経営スキル

医師が転職する理由や目的は、医師それぞれ異なるのは当然です。
その中には、将来的に独立開業したいという思いを抱く医師もいるでしょう。
今はそのつもりは全くなくとも、転職することによって働く環境に変化があり、また、周りの人との関係が変わるなどすれば、自分の院を持つことに興味が湧くこともあるかもしれません。

もしその可能性が少しでもあるのであれば、医師の転職活動は、経営スキルを身につけることを念頭に行うべきでしょう。
現状から脱したいと願うのであれば、なおさらこの意識を持っておく必要があります。

経営に成功しているクリニックで経営スキルを学ぶ

重要なのは、経営に成功しているクリニックなどの門を叩くこと。
実際に経営を行っている医師の元で働くと、それだけで吸収できる知識や感覚が山ほどあります。
経営スキルというのは本を読んだだけで身につくものではありません。

また、医師の能力とは無関係です。
独立開業し、クリニックを構えて成功するためには、医師と経営者の両方のスキルを持っていなければいけません。
それを見据えた上での転職活動を行うことで、さらに医師としての成功に近づくことができ、雇われから脱出する目処が見えてくるのではないでしょうか。

資産運用を確実に行うスキル

自らクリニックを開業し経営するためには、お金も必要になってきます。
そのために強く意識したいのが、資産運用です。

医師は、その忙しさからお金を使う機会がなく、また、収入も一般サラリーマンよりも多いため、預貯金は貯まりやすい傾向があります。
しかし、独立開業するとなれば数千万円の資金が必要となり、この額を簡単に出せる人は医師の中にもそう多くはないはず。

資産運用を確実に行うことができれば、クリニックを開業する際にも、それを活かすことができるでしょう。
仮に独立しなくても、あるいは独立後に経営があまりうまくいかなかったとしても、資産を運用するスキルというのは決して無駄にはなりません。

おすすめの資産運用方法の一つは、不動産投資です。
自ら不動産を所有し、例えばビルなどの経営を行えば、医師としての収入とは別に家賃収入を得ることができます。

ビルによっては、自らのクリニックを構える時に、それを活用することもできるでしょう。
家賃を支払う必要がなくなるため、そうした点を考慮しても不動産投資は医師にとって大きな恩恵をもたらしてくれるはずです。

将来の姿やキャリアプランを明確にして転職活動を行う

医師の転職活動は、できるだけ将来の姿やキャリアプランといったものを明確にし、それに繋がる形で行わなければいけません。
また、途中でキャリアプランの変更があった時にも、それに対応できるような形で転職活動を行っていく必要があります。

経営スキルと資産運用のスキル、こうしたものが転職後に確実に備わっていけば、雇われから脱出する日も、そう遠くはないのかもしれません。